• Blog
  • 【国際結婚 Vol.409】今の生活を一瞬で変えてみませんか? (成功事例多数あり)

国際婚活アドバイス

今の生活を一瞬で変えてみませんか?

【国際結婚 Vol.409】今の生活を一瞬で変えてみませんか? (成功事例多数あり)

2019.06.02

ちょうど、昨日、YAHOOニュースで
アメリカ、イギリス、カナダ、
オーストラリア、ニュージーランドで
永住権を取得するための
詳しい方法が記載されていたので
リンクをシェアします。

 

米国 ・英国 ・カナダ ・豪州 ・NYで
永住権を取得する方法。
https://gentosha-go.com/articles/-/21088

 

そういういえば、以前、
サンフランシスコで弁護士をしていた
上海出身のメンバー男性は
1989年に天安門事件が起きたときに

 

中国から優秀な学生の多くが
アメリカ政府に移民として受け入れられ
命を救われたような話をしておられました。
(多くは語りたくなかったようですが、
自身もその時に選ばれた移民のひとりだったと)

 

あの時、政治的な動乱の中国にいたら
学位が高く優秀な学生というだけで
反乱者として逮捕、そして投獄
ひょっとして殺されていたかもしれない立場から

一転

アメリカに移住、永住権取得。
弁護士の資格を取得し、
アメリカでの生活の基盤を確保。

 

中国から家族を呼び寄せ
アメリカと中国で不動産投資
アメリカ富裕層の仲間に入り
若くしてセミリタイア
現在は、悠々自適に生きておられます。

 

人生って何が起こるかわからない。

 

チャンスをつかむかどうかは
その時の一瞬の判断だったりもする。

 

もし、今ある松本さんの状況が
自分の望むものではないとしたら
松本さん の判断一つで
一瞬で変えることができるんです。

 

生き方を一瞬で変えるためには

 

海外で暮らしてみる。
自分の可能性を試してみる。
これは、
一つの選択肢だったりはしますよね。

 

海外で永住権を取得する方法
というのは、いろいろあるのだけれど

 

実のところ

 

国際結婚が一番早い!

カンタンかどうか?
は、あなた次第だけれど
誰にでもチャレンジできる。

 

愛し、愛されるパートナーを見つける
というところが根本ですが

 

海外で自分のやりたいことに
チャレンジしたい女性には
国際結婚は
最適、最速な選択肢のひとつ。

 

重要なのは

 

国際結婚をしてから
どんなふうに暮らしていくか?

 

どんな生き方ができるのだろうか?
どんな仕事の選択肢があるんだろうか?
どんな可能性に満ちているんだろうか?

 

毎日の仕事のルーティーンで
家を会社を往復して生きていると

 

今いる自分の世界の外を
見る機会って少ない。

 

そこで

国際結婚&海外起業セミナーを開催します。
2019年7月7日(日)10時~13時

6月6日(木)日本時間夜21時
お申し込み受付を開始します。

※こちらのイベントは終了しました。

国際結婚をして海外で生活をしながら
自分のビジネスを構築している
日本人女性のお仕事の事例を

 

たくさん用意し
より具体的にお伝えします。

 

アメリカだけでなく、ヨーロッパ
アジアなど、全世界を網羅。

 

講師はコンテンツラボの河野竜夫さん

 

数年前にこの講座を開催した時には
海外からの参加者もおられたほど
人気の講座です。

 

いや、伝説の講座かも!(笑)

 

講座を受けてから実際に
海外で自分のビジネスをスタートされた女性も
たくさんおられます。

海外で仕事をする場合には
日本にいる今、できる準備もありますから
国際結婚を目指しているみなさまには
よいタイミングですね!

 

そして、

 

すでに結婚をされている
日本人女性のみなさまには
すぐに実践できるようなこともたくさんありますので

 

たくさん質問を用意してご参加ください。

 

7月7日(日)10時~13時@東京
国際結婚&海外起業セミナーのお申し込み
興味のある方は今週木曜日21時
メルマガをお待ちくださいね!

事前セミナー登録をされていない方は
こちらから
https://www.reservestock.jp/subscribe/65395

 

起業なんて考えたことない!
と、思っていたとしても
海外で生きる選択肢として

 

松本さんにも
こんなにすっごい可能性があるんだ~!
っていうことわかります。

 

将来役立つ内容になっていますのでね
メンバーじゃない方もウェルカムです!

 

14724_naoko_matsumoto_square

松本直子
国際結婚の幸せプロデューサー
国際結婚相談所・TJM

 


 

【編集後記】

先週のニューヨーク

 

コンサルをさせていただい
50代の男性

 

90代の母親を自身で介護していますと。
この方自身、職業が看護師なので
介護のプロといえばプロ

 

もうひとり、

 

50代のメンバー男性
彼はニューヨーク在住ですが
サンフランシスコに住むお母様の看病のため
2週間に一度の週末をサンフランシスコで
家族と過ごされています。

 

人生後半戦

 

親の介護の問題は
日本だけでなく、アメリカでも
事情は同じ。

 

アメリカの場合、お金さえあれば
親を施設に入れてあとはヨロシクみたいに

 

それこそプロに頼むということもフツーで
日本のような変な罪悪感はないようですが

 

それでも、自分の家族の終末を
家族として自分が看取るということを
選択するという方々もいらっしゃいます。

 

今回、ニューヨークでお会いした男性は
その選択をしたという方々。

 

いろいろな考え方がありますのでね。
良い悪いではないです。

 

国際結婚をする前に
親の介護について

 

家族に関するトピックとして
会話の中に織り交ぜてみると

 

相手の価値観
家族に対する考え方
経済的な考え方などを理解しやすいのかな
と、思いました。

 

かくいう私もちょうど、
オッとの母親の介護を経験しています!
夜は泊りで義母の家。
(今、義母の家でこのメルマガを書いています!)

 

そして同時に、
日本の両親も心配なので
子供の夏休みがはじまる
来週、一旦、日本へ帰国。

 

仕事と子育てと主婦と介護
私自身のライフスタイルに変化の兆しが
見えてきているわけですが

 

リモートでできる
自分の仕事を確立しているため
アメリカに住んでも、日本に住んでも
仕事をしながら親の介護もできるのは
フレキシブルでありがたい。

 

会社を長期的に休む必要も無く
経済的な心配もない。

 

帰国を決めるときに、オットの顔色を見なくても
自分が帰国したいときに
いつでも何度でも日本へ帰れる。
(自分の意思で航空券を買えるので、オットも文句を言わない。)

 

※お金がかかるからと、日本人妻を
自由に帰国させないケースって結構あります。

 

海外で起業して
自分の好きな仕事をカタチにする方法

 

国際結婚を考えている
多くのみなさまが実践しています!
そして、あなたにもできます!

 

Love & Peace💗
Naoko

 

 

お問い合わせ

登録男性の情報&イベント情報を受け取る

国際結婚 メルマガ 無料登録

  • Free Consultation online
  • Free Consultation in New York
  • Profile Registration


and more...